しらこばとブログ 学図研埼玉支部
学校図書館問題研究会埼玉支部のブログです。学図研埼玉支部の活動をお知らせします。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵書点検どうしてますか。
K高校
 蔵書点検について、昨年、転勤後初めて実施しました。蔵書
が約3万冊と多く、ハンディターミナルを5台借りて3日かか
りました。生徒を午後しか使えなかったので、とても時間と手
間がかかった記憶があります。
 今まで毎年やっていましたが、今年はどうしようかちょっと
悩んでます。

H高校
 蔵書点検は現在3年に1度程度になってます。
他校や公共からバーコードリーダーをお借りしなければ
ならない手間がかかるので・・・。
市立図書館はものすごいイヤな顔されるので
毎回日程調整に苦しみます。
行うときは8~10人×3~4日くらいで3月に。
(7・8・12月はリーダーが借りにくいためです)


D高校
 蔵書点検はおととし12月、やりました。
お腹にあかんぼが居ると知らず、何でこんなに疲労困憊
するんだろう、トシかしら;;とか本気で考えていたつ
わりの時期。よろしければ、詳しい資料をレポートにし
てあるので、請求してください。
 ソフテックからバーコードリーダー(2台)を借りま
して、自校で買ったバーコードリーダー(2台)より
数段進化していて使いやすくて悲しかった。
初日の充電は忘れやすいので注意していました。
バージョンアップして、点検中の貸出もできるように
なったのは、手伝ってくれた図書委員に貸出もできて
確認がすごく楽になった実感がありました。
データの流し込みも、一瞬です。
ただ、失敗も一瞬なので手順を何度も確認しました。
そしてもちろん失敗してソフテックに電話しました。
 カウンター周りがやや面倒でした。
受入作業中の資料の点検が忘れやすくて、しかもやり
にくかった。作業中に発見した修繕資料(ラベル等)
を「あとで」と置いたとたんに忘れるので、「修繕
資料はここ!」と決めた机にカードとペンを用意して
いました。何を直すつもりだったか、こまめにメモして
はさんだのが、非常にあとで助かった。

S校 
 蔵書点検は丁度同じ頃近隣校がするようなので、
問い合わせて下さい。私も3年前にやったきりで、
うまくお答えできるかわかりませんが、
1.重い本は先にずらしておく、箱入り本は取っておく
2.ハンディターミナル(ソフテックから借りるバーコ
 ードリー ダー)の充電はこまめに。
3.ノートPCにバーコードリーダーという組み合わせで
 もできます。
 意外にカウンター係とかやっている生徒はこの方が
 早かったりする。
 ただ電源の確保とワゴンが必要。
 借りた台数にもよりますが、ハンディターミナルなど
からのデータ流し込みの時間もそれなりに見ておいた方
が良いです。

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

学校図書館問題研究会埼玉支部

Author:学校図書館問題研究会埼玉支部
学校図書館問題研究会埼玉支部
詳しくは学図研埼玉支部についてをご覧ください。

学校図書館問題研究会についてはがくとけん 学校図書館問題研究会をご覧ください。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。